投資方針書ver.1策定

しろまるです。

今回は、投資方針書を書こうと思います。

ここ半年以上、利益を生み出す取引をできていません。
反省をすると、本来のやりたい投資から離れていることがわかりました。

そのため簡単ではありますが、投資方針書を作りました。
投資方針書を作る目的は、自分の投資方針を明確にして文書化することで、ぶれない投資を行うためです。

それぞれの項目を定めた理由は以下記事に記載しています。

投資方針書へ入れた思い

それでは、紹介したいと思います。

目的

・ストレスの多いサラリーマン生活から離れても、生活できるような資金を築くため

目標

・40歳で資産1億円達成
目標年間パフォーマンスは+20%とします。

資産ポートフォリオ

私のポートフォリオは、以下の3つで構成するものとします。

無リスク資産

インデックス投資

個別株投資

投資割合としては、以下のようにして管理します。

無リスク資産:生活費一か月+社会人以前の貯金

インデックス投資:年額40万追加投資

個別株投資:資産から上記を除いた額

無リスク資産方針

無リスク資産は、給与一か月分とします。

投資方針~インデックス投資~

目標アセットアロケーション

国内株式 0 % 

国内債券 0 %

外国株式 100 %

外国債券 0 %

投資額

年額40万円の追加投資を行う。

購入頻度

原則毎営業日購入。

リバランス

原則行わない。

投資方針~個別株投資~

投資銘柄

以下の条件を満たしている企業に投資することとする。

成長を続けている企業

利益の伸びが急激に増加が見込まれる企業

投資タイミング

以下の条件を満たすときに購入する

株価が保ち合い(ヨコヨコ)から抜けて上昇している

上昇を始めたときに出来高増を伴っている

以下の条件を満たすときに売却する。

1,2か月以上の期間後に+20%となったとき

テクニカルで売りサインが出たとき

買い値より-10%となったとき

新投資手法について

投資手法の幅を広げるため、上記以外の取引きを試みる

新手法を試すときには、以下の条件を満たすように行う

投入資金は全体の10%にとどめる。

投資方針の改定

必要に応じて適宜行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。