節約するなら通信費削減~格安SIMのすすめ~

しろまるです。

私はスマホにほとんどお金をかけていません。

なぜなら格安SIMを使っているからです。
毎月の出費していくので、ここを安くするのが節約の第一歩です。

今日はそんな格安SIMを紹介したいと思います。

そもそも格安SIMって?

格安SIMの紹介の前に、SIM(SIMカード)って何でしょうか?

SIMカードは、スマホの中に入ってるカードのことです。

このSIMカードには契約情報が書き込まれていて、
このカードスマホに差すことで、どこでもスマホでインターネットに接続できます。

スマホを買い替えたときには、SIMカードを差し替える必要があるのですが、
Docomoなどキャリアで契約すると、お店の人がやってくれるためあまり見る機会がないかもしれません。

格安と呼ばれる所以は、このSIMカードの月額料金がDocomoなどのキャリアに比べて安く設定されているためです。

メリット

格安SIMのメリットについてみていきましょう

メリット1:安い

格安SIMは安い。

これが最大のメリットです。

値段比較

例えば下の条件で、値段を比較してみましょう

Docomo :
・5分以内の電話かけ放題
・2GBのデータ通信

IIJmio
・3分以内の電話かけ放題
・3GBのデータ通信

Docomo IIJ
基本料金 1,700円 1,000円
かけ放題料金 0円 600円
データ料金 3500円(2GB)+300円(接続料) 900円
合計 5,500円 2,500円

このようにDocomoに比べ、半額以下でスマホを使うことができます。

かけ放題を含む基本料金はほぼ変わりません。

ただIIJmioの場合、かけ放題はオプションなので、
必要がない場合、600円安くなります。

しかしデータ料金は圧倒的に差があります。

Docomoのほうが、使える要領(ギガ)が少ないのにも関わらず
IIJmioに比べ、3倍以上高くなっています。

IIJmioについてはこちらに詳しく説明があります。

メリット2:自分に合ったプランを選べる。

特に、通話の契約に関しては自由に選ぶことができます。

Docomoの場合、通話はかけ放題しか選ぶことができません。
(シェアプランの場合は除きます)

一方IIJは
かけ放題なし、
③分以内かけ放題(+600円)、
10分以内かけ放題(+830円)

の3パターンから選ぶことができます。

またデータ通信容量も3段階から選ぶことができます。

メリット3:SNSでデータ容量が減らない

会社によっては、SNSを使ってもデータ容量が減らない契約があります。

例えば LINE mobleでは、Line, Twitter, Facebook, Instagramを使っときにデータ容量が減らないプランもあります。

Docomoのようなキャリアには、このような制度はありませんが
格安SIMの場合、提供会社によってこのようなこともあるので、要チェックです。

デメリット

メリットもありますが、もちろんデメリットもあります。
(デメリットもなく安いというおいしい話はありません。)

ただ私はこのデメリットはあまり気にしないので、格安SIMを使っています。

デメリット1:キャリアが提供するサービスが使えない

Docomoなどのキャリアと契約をしなくなるため、
それらの会社が提供するサービスを使えなくなります。

例えば、提供するサービスとは次のようなサービスがあります。

キャリアメール

~@docomo.ne.jp や~@ezweb.ne.jpや~@i.softbank.jpといったメールアドレスが使えなくなります。

最近はLINEやFacebookなどSNSで連絡も取りあえるので、
しっかり引き継ぎをすれば無問題かもしれません。
またフリーのメールアドレスも簡単に取れるので、そちらに乗り換えるのもありです。

私は、メールアドレスをキャリアメールからGmailへ変更しています。

スーパーフライデーなど各社のプレゼントサービス

各キャリアが提供しているプレゼントサービスが使えなくなります。

Softbankなら、毎週金曜日に何かがもらえるスーパーフライデー、
auなら、3がつく日に何かがもらえる三太郎の日のことです。

ただその分、月額料金が安くなるので、
浮いたお金で同じことをやってもいいかもしれません。

デメリット2:時間帯によって、通信が遅い

格安SIMは、Docomo等から通信網を借りています
そのためつながりやすさは、格安SIMを使おうが、Docomoで契約しようが同じです。

しかし、つながった後の通信速度は、遅くなる場合があります。
それは、安くサービスを提供するために、
Docomoなどが1人分で提供しているサービスを
何人かでシェアしているからです。

例えるならば、docomoなどは、高速道路の追い越し車線も使えるのに対して、
格安sim業者は追い越し車線は使えないようなイメージです。

道がすいていれば速度を出せますが、
混んでくるとなかなか速度を出すことができません。

そのため、利用が集中する時間帯(通勤通学時間や昼休み、
会社退勤直後など)は通信速度が遅くなることがあります。

ただTwitterなど文字だけのサービスであれば、大丈夫かもしれません

その点、私の通勤は自転車ですので、通勤中にはスマホを使いません。
また昼休みは事前にダウンロードしておいた電子書籍を読んだり、Twitterを見たりするぐらいなので、ストレスをあまり感じません。

私は、この点はデメリットと考えていません

デメリット3:電話かけ放題サービスがない

Docomoなどには、現在電話かけ放題のプランがあります。

しかし、格安SIMには、そのようなプランがありません。
5分かけ放題などはありますが、時間無制限のかけ放題はありません

電話を頻繁にする人にとっては、このデメリットは大きいと思います。

私の場合、頻繁に電話をかけることがないためかけ放題は契約していません。
友人との電話ではLINE電話を使い、
その他の相手には、LINE Outを使っています。

LINE Outとは、LINEが提供するIP電話サービスです。
固定電話へは3円/1分、携帯電話には4円/1分と安い料金で電話することができます。

このようなサービスを駆使することで、かけ放題を契約せず安く済ませることができます。

デメリット4:お客様サポートが薄い

docomoなどで契約していると、困ったときはDocomoショップへ行けばよいと思います。
混んではいますが、お姉さんがやさしく教えてくれるでしょう。

しかし格安SIMは、そのような店舗があることは少ないです。
もちろん電話やメールでのサポートはあります。

店舗を構えるお金を浮かせて、その分値段を下げているためだと考えられます。
そのため何か問題が発生した場合には、インターネットで調べて自分で解決するか、
詳しい友達に聞くかしなければいけません。

そのような環境があるのであれば、無問題だと思います。

私は、何かが起こったらPCを使って調べたりして、
自分で解決しようと考えています。

ただ2年以上使っていてそのような場面はありませんでした。

デメリット5:高価な端末を使いづらい

格安SIMの良い点は安いところですが、そこには端末(スマホ本体)のお金は入っていません

買った端末の値段がそのまま自分に降りかかってきます。

例えば、最新iPhoneXは12万程度もします。
もしこのiPhoneXを2年間使うとすると一か月あたり12万円÷24か月=5,000円となります。

一方Docomoの場合、iPhoneXは月々サポートなどの割引があるため、68,472円で購入できます。
先ほどと同じく二年間つかうと、一か月あたり2853円となります。

先ほどの料金比較に、端末代を考えると次のようになります。

Docomo IIJ
月額料金 5,500円 2,500円
iPhone X 2,853円 5,000円
合計料金 8,353円 7,500円

このように端末代を達成比較すると、あまり差が無くなってしまいます
これはキャリアは二年間使うことを前提に、端末代を安くしてるためです。

常に最新の、高機能なスマホが使いたいという人は、安さの恩恵をあまり感じられないかもしれません。

格安SIMのメリットである安さを求めるのであれば安い端末を使う必要があります。
次の行動をすることで、一か月あたりの端末代を安くすることができます。

同じスマホを長い間も使う

何年使おうが、スマホの値段は変わらないので、
同じ端末を長く使うことで一か月あたりの値段を下げることができます。

iPhoneXを4年使えば、一か月あたり2500円まで下げられます。

安いスマホを使う。

同じ端末を長く使いたくない人は、そもそも安い端末を使うという手もあります。
3万円の端末を二年使えば、一か月あたり1250円となり安く抑えることができます。

android であれば、数多くのメーカが3万円代のものを販売しています。
iPhoneであれば、iPhone SEや中古を購入するなどすれば安く抑えることができます。

私は、3万6千円程度のAndroid端末を二年弱使っています。

私の活用例

私はIIJmioの3GBのプランを契約しています。
スマホはASUS製のZenfone3という、あまり高くないものを使っています。

2016年の夏に購入し、そろそろ使い始めて二年が経ちます。
そのため一か月あたり1500円程度の端末代となっています。

一か月あたりの端末代を下げるためにも今後も同じ端末を使いたいと思っています。

また上で上げたデメリットに対しては、次のように対応しています。

キャリアサービスがない

メールアドレスはGmailを使っています。
プレゼントキャンペーンは気にしていません。

時間帯によって通信が遅い

通信が遅くなる時間帯は、速度が必要なことはやらないようにしています。

電話かけ放題がない

LINE通話、LINE Outを活用することでかけ放題を使わずに、安くすましています。

お客様サポートが少ない

困ったことがあったら、インターネットで調べ自分で解決するようにしています。

高価な端末が使いづらい

スマホでゲームをやるわけではないので、現状の性能で満足しています。
そこそこの値段のものを長くつかうつもりです。

このように、人によってはデメリットをあまり感じずに、
月の料金を安くできるのが格安SIMのすごさです。

おすすめの格安SIM会社

以上のようにメリット・デメリットについてまとめてみました。

たくさんある会社の中でもおすすめの会社を紹介します。

IIJ

私も契約しているサービスです。

公式サイトが充実しており、初めて契約する方でもわかりやすい説明が書いてあります。

またdocomo,auどちらの通信網を使うかを選択することができます。

Line

LINEと同じ会社が提供しているサービスです。

SNSのカウントフリー(データ容量が無くならない)あります。

LINEを普段使っている方なら、安心感があるでしょう。

UQ

最近CMがある会社です。

この会社はauの通信網を使っている会社となっています。

まとめ

格安SIMについてまとめてみました。
5000文字近く書いてしまいました。長いので読みづらかったらすみません。

固定費の削減は、節約するうえで大切です。

デメリットが自分に合わない人もいるかもしれないですが、
安さと天秤にかけて比較してみてはいかがでしょうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください