2018年振り返り〜仕事篇〜 自分にあっている仕事だと実感

しろまるです。

そろそろ正月休みが終わり、2019年の仕事が始まります。
その前に、2018年の仕事について

自分に仕事があっていたかという観点から

振り返って行きたいと思います

自分に合った仕事だと実感

結論から言うと、自分に合っている仕事を選べ、ストレスのない社会人生活を過ごせています。

なぜなら、あまり「苦」と感じないからです。

仕事内容

私は、商品開発に携わっており、職種で言うと研究開発職になります。

そのため、仕事の大半は実験をしたり、試作品や部品のテストをしたりして、データを取ったり、まとめたりすることです。

もちろん仕事はこれらだけでなく、つまらない書類仕事等はあるのですが、
実験等技術にかかわるところには、興味があるため、仕事を楽しむことができています。

仕事を選んだ理由

そもそもこの仕事を選んだ理由は、大学で研究しており、
理系の研究チックな仕事が自分に合ってそうと感じたからでした。

現在の仕事も、大学の研究も流れはほぼ一緒で、
仮説を立てて、実際に確かめて、検証して、次に進んでいく
というプロセスを経ます。

また最新の技術に触れて、興味も尽きません。

大学でこの流れで過ごしていてストレスをあまり感じなかったため、仕事も同じようにできればよいと思い、この職種を選びました。

好きな仕事ができて

興味がある仕事に就いたためか過度なストレスはかかることなく、
ほぼストレスフリーで仕事ができています。
もちろん職場に恵まれたということもあると思いますし、
また昇進するにつれて、違ったストレスがかかる可能性はありますが。。。

ストレスが少ないため、会社を上がればその時間は別のことに力を入れられました。
残業はある時はあまり余裕はありませんでしたが、残業がないときは、家でも時間が取れるため、投資にも力を入れることができました。

まとめ

2018年の仕事を振り返り、仕事が自分に合っていることを再確認できました。

2019年も適度に仕事を頑張っていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。