プロ投資家の妄想力を見せつけられた 「藤野さん、投資って面白いんですか?」レビュー

こんにちは、しろまるです。

先月購入したこちらの本

「藤野さん、投資って面白いんですか?」
を読み終えたので感想を書いていこうと思います。

読み始めたきっかけ

この本の著者「藤野英人」さんは、
レオスキャピタルワークスの最高運用責任者です。

この会社が運用している「ひふみ投信」「ひふみプラス」は
ランキング上位に食い込むほど人気のある投資信託です。

私は、ひふみプラスを購入しており、
その運用責任者である藤野さんの本は前々から気にはなってはいました。

今回、たまたまAmazon kindleのセールで半額となっていたため
いいきっかけだと思い、読み始めました。

概要

この本には、国民的アニメ「ドラえもん」のひみつ道具が登場します。

そのひみつ道具の登場によって、影響され変化した世界について
投資のプロである藤野さんが考えた世界を綴っています。

例えば、タケコプターが実現したら、

事故に備える「タケコプター保険」で損害保険会社や生命保険会社は活況となり、
専用モーター、ウェア、警備サービスなど、幅広い業過いが市場に参入。

といった具合に、

藤野さんが考える、ひみつ道具によって影響された世界というのが次々に展開されます。

この本では、ひみつ道具が与える影響について妄想を膨らませることを
「ビジネスシミュレーション」と呼んでいます。

藤野さんは、毎日この「ビジネスシミュレーション」を日々行っているそうです。
そしてその妄想をもとに、投資活動を行っているのだそう。

この本を読むことで、そのプロの投資家の妄想力・想像力の
一端を垣間見ることができます。

感想・学び

想像力に脱帽

藤野さんの妄想力もといビジネスシミュレーション力には脱帽です。

ひみつ道具が直接影響与える部分だけにとどまらず、
間接的に影響が出る部分にまでシミュレーションするなど
様々な方向から考えており、すごいと思います。

普段からこのような思考をしているとは驚きました。
それが「プロ」というものなのですね。

投資手法ばっかり勉強していましたが、その根底にあるのは
この妄想力であることを改めて気づかせてくれました。

またこの力は、投資だけではなく
仕事などにも必要であるので、身に着けたいと思っています。

 

投資本として

この本には、投資の方法論など投資に関して具体的なことは書かれていません。

本の概要を見ずに、タイトルだけで購入してしまった私にとっては、
少し物足りないものがありました。

しかし、専門知識もなく読め、投資について身近な話題で書いてあるので
投資へのとっかかりとしては、良い本だと思います。

これから投資を始めたい投資とは何か知りたい
といった方は読んでみてはいかがでしょうか?

また投資に興味がなくとも、考えるのが好きという方や、
思考力を身に着けたいと思う方にもおすすめです。

一流の思考力を持った方の思考過程を見ることで、
広い視野身に着けるヒントを得られるのではないでしょうか

まとめ

この本は、投資初心者におすすめの本です。
プロの投資家の考えをなぞっていくのは貴重な経験ではないでしょうか

初めて本のレビューを書いてみました。

感じたことなどを文字に起こすのは、大変でしたが
内容も整理できたので、良い機会になりました。

このように書くと、記憶にも記録にも残るので
今後も本を読んだら、感想を書いていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください