4735京進の決算分析

しろまるです。

金曜日はフィルカンパニーだけでなく、
同じく保有株の京進の決算発表もありました。

こちらの決算も分析していきます。

概要

売上高 
前年同期比 +32.9%
第二四半期計画進捗率 100%

営業利益 
前年同期比 -20.1%
第二四半期計画進捗率 108%

純利益
前年同期比 -35.2%
第二四半期計画進捗率 57%

売上、営業利益は計画通り、
純利益は進捗率が悪い決算となりました。

これを読み解くポイントは2つです

ポイント1第2事業の売上高

私が、京進に注目している理由の一つが
保育園の運営などを行う第2事業です。

今も待機児童問題などで、保育への需要は高まっています。
今後需要はさらに伸びるでしょう。

そこで第二事業の売り上げに注目します。

すると前年同期比+38.7%となっており、
順調に伸びていることが確認できます。

ポイント2純利益

純利益が計画比50%となってしまっています。

決算短信を読むと、開園やM&Aに伴う費用と掛かれています。
これを良いことと読むか、悪いことと読むか
意見が分かれるところかと思います。

良い見方をすると、
開園やM&Aが想定よりも早く実行できた

悪い見方をすると、
想定したよりも多く費用が掛かってしまった

とみることができるのではないかと思います。

私は、後者ではないかと思っています。
開園やM&Aが後ろ倒しになることがあっても、
前倒しになることはないと思うからです。

感じたこと

今回の決算はあまり良い決算ではないと思っています。
特に純利益の伸びがないため、
月曜日の株価は下がると思います。

ただ京進は、第三四半期で一気に利益を伸ばし、
第四四半期で費用を計上する傾向があるようです。

そのため第二四半期の決算では、
順調かどうか判断できない気がします。

私は保有株数が少なく、なおかつNISA口座で買っているため、
末永く見守ろうと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください