新入社員もふるさと納税できるんです!基礎から解説します 

こんにちは!
しろまるです!

皆さんふるさと納税を活用していますか?

ふるさと納税とは、住んでいる自治体へ住民税を払う代わりに、
その他の自治体へ寄付することです。
そのお礼として、食べ物などを受け取ることができます。

自治体は税収が増える、私たちはお礼品がもらえるといった
Win-Win
の関係になれる制度です。

しかもこのふるさと納税、新入社員からでもできるんです!

今日はそんなふるさと納税について書いてきます。

ふるさと納税とはなにか

そもそもふるさと納税って?

まずは、ふるさと納税について軽く説明したいと思います。

ふるさと納税は実は納税ではありません。

都道府県、市区町村への「寄附」

なんです。

住民税の一部を、住んでいる場所ではなく、
その他の自治体へ寄付として払うことができます。

その寄付額の分、住民税を払わなくともよいのです。

言ってみれば、住民税の前払いのような制度です。

なぜお得か

ふるさと納税は、寄付をするとお礼の品がもらえます。

これがお得!と言われる理由です。

来年分の住民税の前払いをしたら、その代わりにお礼の品がもらえます。
ただ2000円は自己負担です。

財布から出ていく総額は+2000円されるだけですが、
お礼品がもらえるだけ、お得なのです。

2000円で、上限金額まで食べ放題ならぬ、買い放題です。

例えば、上限金額が3万円の方が、ふるさと納税したとします。

ふるさと納税の還元率は、だいたい30%ですので、
9000円相当のものがもらえることとなります。

自己負担額が2000円なので、
2000円で9000円相当の買い物ができたのと同じこととなります。

だからお得なんです。

新社会人がふるさと納税できるわけ

今あなたは住民税を払っていますか?
給料明細をもらったら確認してみてください。

払っていないはずです。

なぜなら住民税は、収入があった翌年に支払う税金だからです。

1月から12月の収入に応じた税金を
翌年の6月から支払います。

イメージとしてはこのような感じです。

二年目の手取りが一年目より低くなるというのは、
この遅れて支払う住民税が原因です。。。

一方ふるさと納税をすることで、
控除対象となるのも寄付した次の年の住民税です。

このように、住民税は、所得のあった翌年に支払い、
ふるさと納税は寄付した翌年に住民税から控除されるため、
まだ住民税を払っていない新入社員もふるさと納税できるのです!

ここに注意すべし

以下の点は要注意です、

上限金額を把握する。

ふるさと納税できる額は1月から12月の収入によってきまります。
(正確には、いくら寄付しても良いのですが、住民税から控除される額に上限があります。)

ただ新入社員は4月末からしか給与をもらえないので、
いわゆる年収より低い額となるため、注意が必要です。

例えば、
年収は月収を22万円
ボーナスを2か月分(44万円)
とすると、

22×9+22×2=242万円の給与がもらえることとなります。

この場合、ふるさと納税できる金額は、
2万円分です。

ただ残業代やボーナス額などの各人状況で変動するので、
ふるさと納税サイト等で確認が必要です。

申請をわすれない

ふるさと納税をするだけでは、住民税から控除されません。

「寄付しました」と自治体に知らせる必要があります。

手続きが面倒くさいと思われるかもしれませんが、
サラリーマンの方には、「ワンストップ特例制度」という便利な制度があります。

これ制度を使うと私たちがやることは、
1書類に記入し、身分証のコピーと一緒に送付するだけです。

あとの作業は自治体がやっていくれます。

この制度を使用するには、
寄付する自治体が5つ以内である。
確定申告をする必要がない。
という注意点がありますが、
新入社員にはあまり関係ないでしょう。

私の寄付方針

よくふるさと納税で注目されるのは

自己負担2000円で 最高級牛肉を食べられる!!

など安い金額で豪華なものを食べられる類のものだと思います。

しかし私の方針は違います

生活に使うお金が減る
もしくは生活が充実するようなもの

をもらうようにしています。

ちなみに今年行ったの次の3つでした。

お米10kg

【ふるさと納税】平成30年産新米『コシヒカリ』無洗米15kg(5kg×3袋)
価格:10000円(税込、送料無料) (2018/4/13時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

お米は何といっても生活必需品
10㎏もあれば、何か月も生きていけます

冷凍ハンバーグ 200g 10個

ハンバーグは、フライパンで少し焼くだけなので、
仕事で疲れて帰宅したときなど、
料理をしたくないときに食べようと思っています。

ご飯を冷凍しておけば、弁当を買うよりは、安く済むと思います。

冷凍干物セット

【ふるさと納税】海産屋の「ひもの三昧」
価格:10000円(税込、送料無料) (2018/4/13時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

こちらも焼くだけで食べらます。
普段積極的に干物を買うことはないのですが、
ふるさと納税ということで、購入してみました。

使い方は人ぞれぞれだとは思いますが
こんな使い方はいかがでしょうか

ふるさと納税は楽天がおすすめ

ふるさと納税先を決めるのは、ふるさと納税サイトを使うのが便利です。

各自治体のWebサイトを回ってもいいですが、
時間が膨大にかかります。

ふるさと納税サイトを使うと、ふるさと納税の返礼品から、
自治体を検索することができます。

その中でも一番のおすすめが楽天です。

その理由はただ一つ。

ポイントがたまることです。

ただでさえお得なふるさと納税なうえに、ポイントも貯めることができます。

楽天は、ちょくちょくポイントがたまりやすいキャンペーンが行われるので、その時はさらにお得になります。

まとめ

長々書いてきたのでまとめは一言で済まそうと思います。

新社員でもふるさと納税はできる!  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください